カヌレ

canule

今日は生憎の雨。でも庭の草花が最近の熱で疲れ始めている所、みずみずしさを取り戻しました。

さて、1ヵ月後に控えた引越しの荷造りをしながら、ボルドーのフレンチ菓子「カヌレ」を作りました。生地は24時間冷蔵庫で寝かせます。外がカラメライズされてぱりぱり、中はしっとりがゴール。以前購入しておいたシリコン型を使いましたが、生地を流したふにゃふにゃの型をどうやってオーブンに入れるのか、悩みました。レシピにはそんなことまで書いていませんから。1回目クッキングシートを下に敷いたため、焼きが甘くて失敗。2回目金網の上に乗せて大成功!思ったとおりのカヌレが出来ました。

レシピは最近購入した『A Kitchen In France – A Year of Cooking in My Farmhouse 』より。都会に暮らして久しかった著者が、再婚により大家族となったために、思い切ってフランスの田舎に移り住んだ様子も混ぜて書かれた料理本です。写真家の夫の、レンズを通して家族を見つめる目が優しい。

忙しいときに何で?と思いますが、お菓子作りはときとして、私にとっては気分転換になるのだということを改めて認識しました。

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。