青花の器

saika utsuwa

結婚25周年を記念して、佐賀県の有田焼「青花」の夫婦茶碗と大皿のセットを注文しました。日本人が感じた異国情緒たっぷりの絵と、軽くて品の良い器が特徴です。アメリカまでの郵送は、大阪の転送会社に依頼しました。以前は日本の実家に注文の品物を送ってもらい、両親が更にアメリカまで転送してくれていたのです。ところが父が亡くなり、母も手続きが出来なくなったので、業者さんを見つけて依頼するようになりました。ただ、今回は転送会社の手違いで、品物がなかなか私の手許まで届かず心配しました。手違いが起こると、二つの国を挟んでのやりとりは面倒です。まあ、それも解決して、やっと無事我が家に商品が届きました。恭しく梱包を解いて出てきた美しい器と、「山笑う頃」で始まる達筆の添え書き。やっぱりこの器を記念に選んで良かったです。末永く大切に使います。

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。