レベンワース

leabenworth (1)

leabenworth (5)_Fotor_Collage

ウェナチの近くにある「ドイツ村レベンワース」にも行きました。丁度、「オクトーバー・フェスト」の時期だったので、観光客で賑わっていました。息子が幼いときに訪れたのが最後でしたから、10年以上経っています。今回驚いたのは、お土産屋さんが減って、ワインティストのお店が14件も並んでいました。

レベンワースはもともと木材の町で、1900年代には、「北部鉄道」の本部が設置されるなどして、町が賑わっていました。ところが、1920年に鉄道本部がウェナチに移されたことによって、町が財政困難に陥ったのです。1960年代にそれではいけないと、町復興のプロジェクト・コミッティが発足。レベンワースはカリフォルニアのソルバンクをモデルにして、観光の「ドイツ村」として生まれ変わりました。町の建物、サインに至るまで、全部ドイツ風にデザインされ、まるでヨーロッパに来ているような錯覚を観光者に与えます。正に絵に描いたような美しさでした。

 

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。