お一人様パン

 

bread_Fotor_Collage

オハイオ州のニールさんが作る陶器のブレッドボウルを使って、パンを焼いているアメリカ人のブログを読みました。私もその記事に影響されて自作の陶器を使って、ひとり分のパンを焼いてみました。オリーブオイルが油脂として入るギリシャのパンです。小さなパンは、気負わないで手軽に焼けるので、さっと取り掛かれます。陶器は色々な形で釉薬もさまざま。今回、中が素焼きに近い手触りで、あまりおうとつの無いボウルが、一番生地の膨らみが良かったです。また、取っ手付きのカップがオーブンの出し入れにすごく便利なことが分かりました。これから日本で使うために、2~3人分のパンが焼ける少し大きめのボウルを、実験の結果を参考に作ってみようと思っています。しばらく休んだ作陶も、もうすぐしたら開始します。

Basic White Bread in a Bread Baking Bowl

1 1/2 cups unbleached white flour, plus extra for kneading
1 1/2 tsp olive oil, plus extra for the bowl
1/2 tsp salt
1/2 pkg dry yeast (1 pkg = 7g)
1/2 cup lukewarm water
1 tsp mascavo sugar

In a small bowl combine the yeast, water and sugar. Let sit a few minutes until it blooms. In a bowl, mix the flour, olive oil and salt. Add the water with the yeast and mix until dough is formed. Add a more water by the tsp if it is too dry. Turn dough out onto a floured surface and knead until smooth, about 2 or 3 minutes. Place in an oiled bowl, cover with a clean dish towel and let rise until doubled in size, about 1 hour.

Place the dough on a floured surface, punch down and knead for about 2 to 3 more minutes. Roll into a ball. Lightly oil the baking bowl and place the dough in the bowl. Cover with a dish towel and let rise until doubled in size again.

Place the bread and baking bowl in a cold oven, set the temperature to 350 degrees F and bake for about 45 minutes. Mine was perfect right when the timer went off.

neal_Fotor_Collage

ニールさんの陶器は、Etsyの「Neal Pottery」で購入できます。12種類のパンのレセピが陶器に付いて来るそうです。今回のパンもその一つです。4個分の試作だったので、2倍の量で作ってみました。陶器で焼くパンって、水分を逃さないでしっとり、しっかりした質の良いパンが焼けるんですね。今日の思いつきの実験、大成功でした。

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。