ファイアー・キング

fireking peach

jade

アメリカのガラス器と言えば、半透明のミルクガラス「ファイアー・キング」が有名ですね。一昔以上も前にマーサ・スチュワートがTV番組の中で「ジェダイ(若草色のシリーズ)」を紹介したことで、私はその存在を知りました。たまにシアトルのアンティークモールなどを覗くと、「ファイアーキング」の器は驚くほど高価で驚きました。あのシンプルで独特な柔らかい色使いの器は1976年で製造中止。大袈裟に言えば、アメリカの経済恐慌を彷彿とさせる歴史的遺産のひとつになってしまったようです。「ファイアーキング」は、日本人の方にも人気ですね。「ファイアーキング」専門の取り扱い店もあるくらいですから。さて、アメリカの地元の人はといえば、専らセコハンの店でたまに「ファイアーキング」の掘り出し物を見つけたら、「やった!」という感じではないでしょうか。我が家の食器棚を覗いてみると、光沢のあるピーチ色のクリーム&シュガーの器がひと揃えあるのみ。これは、シアトルのアンティークモールで買った思い出の品です。

*ジェダイの器の写真は、グーグルの画像写真からお借りしました。

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。