ファンドレイジング

nozomi (6)

nozomi (3)

nozomi (1)

nozomi (2)

nozomi (5)

nozomi (8)

nozomi (4)

Shougou

南三陸に宣教師を送るファンドレイジングを、「のぞみミニストリー」の皆様で致しました。稲荷、細巻き、スパムのお寿司各種、いり鳥、ポークカツ、オレンジチキン、照り焼きチキン、キャベツサラダ、そして沢山のデザートが準備されました。合計80人の方が参加し、ディナーを買って下さいました。

食べ終わって、ユースと「のぞみ」のリーダーから南三陸ミッションの報告と宣教師の紹介がありました。これまでどんな津波にも耐えたという市の防災避難所がまるごと津波に飲み込まれ、そこに避難したら絶対に大丈夫だと信じて疑わなかった42人が亡くなったという事実には、皆さん思わず嘆息が漏れました。赤茶けた鉄筋だけを残した3階建ての建物跡が、災害の酷さを物語っていました。

災害直後に危険を承知で生鮮食品を被災地に届けた、中沢牧師とその教会員の皆様の尊い働きも紹介されました。彼らは被災地にクリスチャンセンターを築いて精神的なケアーも始め、諸外国からのボランティアも受け入れています。そこでギターを弾いて賛美の奉仕に当たっていた若者が、荒れ狂う厳寒の海で流されないように2人の牧師に支えられながら、洗礼を受けた姿が感動的でした。外国に居て私達日本人のできることは微力かもしれませんが、出来ることからして行きます。長引く復興で皆さん疲れてしまわないように祈りながら。

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。