2013年感謝祭

THANKSGIVING

パイ皮の香ばしさとりんごの甘酸っぱいフルーティーなフレグランス、スパイスとモラセスの入り混じった濃厚な香り。ここは、ホリディシーズンのケーキ工房?と間違えるほど、家中に良い匂いが満々ています。今日は、アメリカの祝日、「感謝祭」です。今年も、昨年と同じ、パサディナにあるお友達の妹さんのお宅でお祝いすることになりました。我が家はデザートと飲み物の係。久しぶりに「アップルパイ」と「モイスト・ジンジャーブレッド」を焼きました。最近、解禁になった「ボジョレーヌーボー」も忘れません。乾杯用のロゼのシャンパンと子供、お酒を飲まない人用に「マティネリ」も準備しました。1年ぶりの顔ぶれと日本からの留学生を交えてのパーティーです。

毎年、女性牧師の妹さんの感謝で始まる祝会。食後は、それぞれに神に感謝したいことを分かち合います。私の一番の感謝は、5月から始めた「ヨハネの福音書」の学びを通して、ますますイエス様が大好きになったこと。そして、今までのジムやペイントの仲間に加え、フラメンコ、のぞみミニストリーを通して新しい方々と知り合い、豊かな時を一緒に持つことができたこと。主人のマーチングバンド・リーダーの大役をサポートして、無事にシーズンを終えたこと。息子の運転が守られ、彼が霊肉精神、学業に於いて大きく成長したこと。日本にいる母の健康が守られ、1人暮らしを楽しんでいることなどが挙げられます。

皆様も良い「感謝祭」をお送りください。

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。