マリア・ミッチェル

Maria Mitchell

今日のグーグルのタイトル画が超カワイイので、調べてみました。1847年に新しい彗星(コメット)を天体望遠鏡で発見し”ミス・ミッチェル・コメット”と命名したアメリカで最初の女性天文学者、マリア・ミッチェルを記念して描かれた絵です。個人的には、最初に何かを食べた人、何かをした人、何かになった人という記事にめっぽう弱い私です。

さて、マリアは私の憧れの島、マサチューセッツ州のナンタケットの出身なんですよね。1818年、10人兄弟の1人として、クエーカーの信仰を持つ教育者の両親の元に生まれました。マリアは、男女平等の教育を強調するクエーカーの家庭環境で育ち、父の影響で幼い頃より天体望遠鏡で空を眺めていました。それがこの可愛い絵に表現されているようです。彼女は、奴隷制度にまっこうから反対し、有色人種の子弟だけの学校を開いたりと社会運動にもかなり活発でした。70歳でこの世を去るまで、数多くの部門で表彰され認められた、驚きのアメリカ女性でした。グーグルによって、またひとつ賢くなっちゃった!

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。