協さんのピクルス

kyou's pickles

陶芸家、辻協さんの本から「ピクルス液」のレシピを使いました。今朝はセロリと大根、人参の組み合わせで漬けてみました。協さんは、当時女人禁制とされた陶芸の世界で、男性に混じって窯元で苦労しながらプロになられた方です。その器や料理は彼女が育った韓国に影響を受けた物が多いようです。陶芸をする者にとって、とても参考になる一冊です。

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。