ダウントン・アービー(Downton Abbey)

Downton Abbey

2011年の1月からアメリカのPBSで放映している「ダウントン・アービー(Downton Abbey)」に、夢中です。現在シリーズ4が製作されています。回を重ねるごとにどんどん良くなるという評判のドラマです。ヨークシャーのグランドマンションに住む貴族クロウリー家とその使用人たちを舞台に展開するストリーで、20世紀初頭のイギリス社会におけるさまざまな問題、特に戦争と階級制度の改革が世界的に始まる時代背景も見逃せません。また。再現された当時の貴族の服装、髪型、ジュエリーも驚くほど手がこんでいます。

今日は、ネットフリックスから送られてきたシリーズ2の3話を観終えました。第1次世界大戦中、長女のレイディー・メリーとマシュウ大佐の愛の行方が楽しみです。こういうドラマが本当に好きな私です。

さて、起用されているキャストは、マギー・スミスやヒュー・ボニビルを筆頭とした英国の有名な俳優陣、アメリカ側としては伯爵夫人を演じるエリザベス・マグバーンそしてその母役のシャーリー・マックレーンなどの錚々たる豪華メンバーです。キャストが良いと魅力が違いますね。これまでにゴールデングローブやエイミー賞などを総なめした人気のテレビ番組です。今、世界で最も観られているドラマだそうです。ぜひ、機会があったらご覧になってみてください。

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。