ハンプティダンプティ

陰干し

陰干し

正面から

正面から

ベティ・ケイスネスが20年前に発表した、「ハンプティダンプティ」です。英語圏では最も良く知られている古い童謡の卵キャラクターです。とにかく、簡単には入手出来ない沢山の色を使うのと(今のようにオンラインで即注文が出来ない不便な時代だった)、インストラクションが複雑なのとで、図案のコピーをアメリカ人の先生から頂いても、すぐに手をつけることができないでいました。そしてそのうちに全く忘れてしまっていた作品でした。

今回、他の絵をチェックしていて、昔のファイルから出て来たのです。あれから私の英語も絵のテクニックも上達したのでしょうかね。大変と言うよりは、遠距離の景色から重ねて行く工程が緻密で楽しく感じました。さて、うちの息子、「ハンプティダンプティ」を飾ってあげる年頃はとっくの昔に過ぎたので、今回はトレイに描いて私が楽しむつもりです。

2012年のイースターまで何とか間に合いました。 アメリカではエッグはイースターの象徴のように考えられています。卵の中を死の状態として、そこからよみがえりの命が、カミングアウトしてくるからでしょうか?いずれにせよ、主イエスの死からの復活、ハレルヤ!

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。