クックブック

2冊の本

2冊の本

最近、アウトレットのお店をぶらぶらして、各5ドル以下で2冊の料理本を見つけました。私が数ある中のクックブックから「これぞと思う物」を選ぶ条件は、まず全ての料理にサンプル写真が付いていること、材料と作り方がシンプルで手軽なこと、自分の興味のあるレシピが満足できる量、載っていること、そして、出版事項(発行された国と出版社、出版年、ページ数、値段、装丁)が気に入るかは、案外大切です。

そんなわけで、私のめがねに適った2冊は、これです!イギリスのパラゴン社、2006年発行の『Best Ever Muffins -Cupcakes & Other Baked Treats』とニューヨークはライランド・ピーターズ&スモール社、2008年発行の『Easy Everyday- simple recipes for no-fuss food』です。

中身はというとですね、マフィンの本はイギリスのお菓子ですから、焼かないクッキーやバー、ラベンダーのクッキーやカップケーキ、バタフライケーキのレシピが、目に留まりました。そして、毎日のシンプルレシピの本は、色々な種類のお野菜のスープ、ヒヨコ豆やギリシャ、パンゼネーラサラダ、メインコース、シンプルなデザート、飲み物など、結構グルメなレシピに感心しました。写真もきれいです。有名なシェフの本にも引けを取らない出来栄えだと思います。

さて、悲しいかな料理本は買って作った気になって、本棚の肥やしになるケースが多い私なので、今回は汚名返上しますぞ!

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。