アペレンテスシップ

アペレンテスシップ

アペレンテスシップ

高校1年生の息子のアペレンテスシップを主人がアレンジしたので、今日はお友達が眼科医をしている「Golden Vision Optometry」に、息子を送りました。2時間で色々なセクションを経験させてもらうのだそうです。最近、どこからどう影響されたのか、「眼科医」になろうかなと突然言い始めた息子のために、主人が我が教会に通っていらっしゃる3人の眼科医と連絡を取り、情報を入手して次の段階としてアペレンテスシップを決めたのです。「興味を示したからには経験させてみる」という、主人のビジネスマインドに頭が下がります。アメリカでも珍しいアペレンテスシップですが、「多分かなりの会社で開かれている機会だと思う。」と主人が言っていました。一生の仕事を決めるのに出来るだけ沢山の経験と情報を集めることは、大きな助けになるはずです。毎日の学びにも目的が出来ます。さて、今日の息子の反応が楽しみです。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。