ペイントクラスの紹介

薔薇のトレイ

薔薇のトレイ

先週から、「トールペイント」の新年度のクラスが始まりました。毎週火曜日、10時から1時、1時から4時までです。基本的にはクラスは3時間で、2つのクラスにまたがって延長も可能です。アクリルペイントはクラスにある物を使用でき、筆は自分の物が必要になるまでお貸しします。絵が得意な方もそうでない方も、少ないテクニックさえ学べば、手軽に素敵な絵が描けるようになります。壁掛け(ウェルカムボード)、トレイ、ナプキンホルダーなど木製のクラフトなら何でも描けます。特にお勧めなのが、アメリカならではのホリデーシーズン(イースター、ジュライ4th、ハロウィーン、サンクスギビング、クリスマスなど)に合わせた絵で、アメリカ在住の良い記念になります。見学は自由にできますので、アーバイン付近にお住まいの方で興味のある方は、ご連絡ください。連絡先は、J-1倶楽部で検索してください。

私のペインターとしての経歴

~息子の誕生と共に、育児の中で自分を取り戻したいという願いに駆られ、幼い頃より好きだった絵を描き始める。その後、アメリカン・トールペイントと出会い、シアトル近郊で水上美知恵師、バージニア・ナイト(CDA)師、ロイス・ルーシュ師の3人に師事する。主に80年代からのアメリカンアーティスト、ローズマリングとジョソーニャスタイルを学ぶ。シアトルでは大御所のメリー・イガソン(CDA)師とも知り合い、彼女がマネージして毎年行われる、ロシアの巨匠スラバ師の「ジョストボセミナー」にも参加し、目が開かれる経験をした。ローカルのチャプターとアメリカのトールペイント協会(SDP)にも席を置き、トールペイントを始めて2年目より、息子の幼稚園のお母さん達を対象に、自宅で英語と日本語で教え始める。2007年夏、南カリフォルニアのアーバイン市に引越し、アメリカ人と日本人にトールペイントの楽しさを紹介している。現在もマキシントーマスなどのセミナー、ローズマリングでは世界1と言われるゲールオーラムのコースも取り続け、研鑽を積んでいる。~

広告

2 Comments

  1. えび
    Posted 9月 19, 2011 at 8:38 am | Permalink | 返信する

    バラのトレーすっごく素敵ですね!私はもうすぐ基礎課が終了できそうなのですが、基礎課の最後がオリジナルデザインなんです。素材は決まってるのですがこれがまた難しい素材で・・・。デザインに行き詰ってます。頭の中のイメージをデザインに起こすってすごく難しいと痛感してます。出来上がった暁には写真送りますので見てくださいね。また、作品のアップ楽しみにしています♪

    • Posted 9月 19, 2011 at 9:56 am | Permalink | 返信する

      えびさん、
      古屋さんのところで、ずいぶん頑張っているのですね。ここで、何気に紹介したペインターですが、日本でその先生の下でペイントを続けておられること、私もうれしいです。さて、古屋さんの特徴はたくさんの細かいデザインを絶妙の配色でマッチさせているところにあります。オリジナルデザイン、良い作品ができますように。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。