ヴィクトリアンケーキ

ヴィクトリアンケーキ

ヴィクトリアンケーキ

紅茶に合う、シンプルなバターケーキが食べたくて、「ヴィクトリアンケーキ」を作りました。その名の通り、イギリスの「ヴィクトリア女王」がこよなく愛したケーキです。バターケーキを2枚に切って、ジャムを挟むのが伝統です。私は18歳の時から、ニュージーランドの先生についてケーキを習いましたが、その当時は、バターと砂糖をクリーム状にして作るケーキが多かったです。「ここで十分に空気を入れて、白くなるまで混ぜるのが成功の鍵なのよ。」 ドーリン先生の声が聞こえるようです。今回は、藤野真紀子さんのレシピを2倍にして使用しました。真ん中に挟んだ手作りの「アプリコットジャム」は、ほんのり甘酸っぱくて美味しいです。さてイチゴを添えて、「みなさーん、お茶の時間ですよ。」

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。