震災から3週間

花束

花束

花瓶に入れて

花瓶に入れて

東日本大震災から3週間が経ちました。CAの最近のニュースでは被災者の方々の精神面が心配だと報道されていました。そんな中、ある心療内科の医師が、シェルターを回ってカウンセリングを行っているという状況が伝えられ、避難している二人の女性のケースが紹介されていました。一人のお年寄りは、息子の命を救えなかったとして、自責の念にかられ不眠症になっているということでした。また、もうひとりの若い女性は、沢山の人達と共同生活をしているので、辛くても泣けない状態が続き、精神的に限界に来ている旨を訴えていました。その後、この医師が被災地でサッカーチームを作って一緒にスポーツをしながら、子供達や参加した大人と笑っているシーンは感動的でした。カウンセリングでは、とにかく心の重荷を取ってあげることが、先決だと専門の大学教授が話していました。まずは、苦しみを聞いてもらうことから始まりますよね。そういう意味では多くの専門医が助けに避難所を訪れることを願います。

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。