ジェイク・島袋

ジェイク

ジェイク

息子がどうしても行きたいというので、「ジェイク島袋のウクレレコンサート」に行って来ました。彼は、ハワイの日系5世で、4歳の時から母についてウクレレを弾き始めたそうです。彼の弾くウクレレは、ハワイアンソングを超えて、ロック、ジャズ、フラメンコ、ピアノクラシックそして琴の音色まで、自由自在です。彼の謙遜で明るく、優しい人柄が、曲の紹介にも出ていて、聞く者の心をほっとさせます。彼の母方は福島県出身なので、今回の震災には特に心を痛めていると言って、「桜」を弾いてくれました。やっぱり、日本人の私はじーんと来ましたね。また、第2次世界大戦でアメリカの政府に忠誠心を表そうとして、進んで志願した日系2世の犠牲があればこそ、今の日系の若者達が平和な良い暮らしができるとして、兵士らを称えた曲を紹介してくれました。その曲を聞きながら、歴史の重さをきちんと受け止めているハワイの日系社会に、つくづく感心しました。小さなウクレレ一つで、多くの聴衆を魅了したジェイクのコンサート。とっても爽やかでした。

広告

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。