息子の料理教室

餃子

餃子

今晩は、息子に餃子の作り方を伝授しました。自分の部屋とおトイレの掃除、洗濯、簡単なスナックの作り方は出来るようになりましたので、これから、少しずつ休みの間に、メインディッシュを教えたいと思っています。

さて、男子でもきちんと厨房に入って料理ができるように仕込もうと思ったきっかけは、シアトルで知り合ったKさんでした。彼は、小さい時にポリオにかかり、歩行が難しくなりました。彼のお母さんが、彼が一生独身でいる時の準備として、家事をしっかり教え込んだのそうです。彼は、退職後、教会で若い婦人たちにクッキングクラスを教えるほど、熟練していました。話は前後しますが、彼は若い時、教会で知り合った素敵なアメリカ人の宣教師婦人と結婚し、お子さんも授かりました。そして、奥さんを癌で亡くした後も、身の回りのことは、自分できちんとしていたので、彼のお母さんは本当に彼に良いものを残してくださったのだなあと、感心したのを覚えています。自分に男の子が授かった時は、Kさんのお母さんを模範にしようと思っていました。

あまり乗り気のない息子を相手に、餃子の包み方、焼き方を教えました。でも、皮がかりかりで中がふんわりの美しい出来映えに、息子は感激していました。冬休みの間、夫君も息子が皿洗いだけではなく、食事作りも手伝うことに大賛成です。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。