クリスマスツリーとストッキング

ツリー

ツリー

クリスマスツリー

クリスマスツリー

オーナメント

オーナメント

オーナメント

オーナメント

クリスマスツリーを12月の初めに飾りました。山から切り出して、3日目の生木です。いつもはマーサスチュワートの方法に従って、ブリーチを水に混ぜていたのですが、ツリー屋さんの叔父さん曰く、「そんなことは聞いたこともねえ。安いアルコールかセブンアップが一番良いんだ!」ですって。今回、そんなわけで、セブンアップを入れてみました。ツリーもお砂糖が大好きなのです。家の中に森の良い匂いが充満しています。

さて、昨年のクリスマスツリーの私の記事を読んで見ました。世界でツリーを飾るようになった起源やツリーの準備の仕方などについて、自分で言うのも何ですが、丁寧に説明しているので、そちらも合わせてお読みください。2009年12月14日、カテゴリー、「イベント」の中のクリスマスツリーの記事です。

ストッキング

ストッキング

暖炉の上に掛けているストッキングは息子が生まれた最初のクリスマスのために、マーサのデザインを参考に手作りしました。ですから、かれこれ14回飾っていることになります。当時、マーサスチュワートは私の家庭科の先生のような存在でした。彼女の朝の番組を見なければ1日が始まらないほど、影響を受けていたのです。まだ、ちょっと彼女の中にも謙りが見えていた頃です。それから、キャンドル立ては、当時師事していたロイス先生のデザインでローズマリング風のトールペイントです。色合いが美しいです。これも、息子が小さい時に、描きました。毎年、出しては当時を懐かしんでいるのです。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。