ノートン・ミュージアム

 

 

ピカソの絵

ピカソの絵

アダムとエバ

アダムとエバ

ローズボールの後のパサディナに、家からフリーウェイで1時間位かけて行って来ました。まだまだ昨日のパレードの名残りで、沢山の人が道に溢れていました。ミュージアムも駐車場が一杯で、隣家の前に路上駐車しました。さて、ここのミュージアムはレンブラント、ゴッホ、ピカソ、ゴーギャン、ルノワール、セザンヌ、モジリアニ、メッツ、マチスなどの有名な画家の良く知られた絵が多いと思いました。知り合いと再会したような妙な懐かしさがありました。一つ驚いたのは、NHKでも放映されていた(今もされている?)「デスポレト・ハウスワイフ」のテーマソングと一緒に紹介されている「アダムとエバ」の絵がここにありました。フラッシュを使用しなければ、写真を撮っても良かったので、例のニコンの一眼レフで練習を兼ねて撮りまくりました。でも、監視員の鋭い視線を背後で感じ、ちょっとびびりました。

コメントを投稿

Required fields are marked *

*
*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。